あたらしい砂糖のかたち

“砂糖”と言う言葉から何を連想しますか?

私はいろいろな方とお話しする機会に、そんな質問をしてみます。

「白い」や「甘い」などのキーワードに続くのは、「太る」や「虫歯」、
そして「糖尿病」などのネガティブな答えです。

これらのネガティブイメージは、砂糖が直接的な原因で起こるものではないにも関わらず、
まことしやかに語られ続けているものです。

砂糖の構成要素である「ぶどう糖」は、脳のエネルギー源であり、
「甘い」と言う感覚は、気分を落ち着かせたり、メンタル面にも良い効果をもたらすものです。

昨今のスイーツブームに代表されるように、お子さんからお年寄りまで大好きな「甘いもの」
野菜を食べて「甘い」、お刺身を食べて「甘い」、焼いた肉でさえ「甘みがある」・・・。

その後に続く言葉はきっと、「おいしい」ではないでしょうか。

弊社は昭和29年(1954年)創業より、砂糖専門の卸問屋として砂糖を扱い続けています。

そんな砂糖問屋が微力ながら、“砂糖を見直してもらう”為に出来ることは何だろうか。

あれこれ考えをめぐらせて出したひとつの答えは、「あたらしい砂糖のかたち」でした。

目に見える「かたち」、目に見えない「かたち」・・・。

自信を持っておすすめ出来る良質な砂糖で、いままでにはなかった「かたち」を
デザインすることで、砂糖を生活のちょっとしたアクセントとなる、心ときめく存在にしたい。

それが屋号である“まる吉”を冠した、「MARUKICHI SUGAR」にこめた思いです。

これからも砂糖にこだわり、砂糖の価値を伝えていく使命を忘れず、
みなさまの心がときめく商品をご提供できるよう、「かたち」をデザインして参ります。
株式会社竹内商店
代表取締役 竹内 信一
会社概要
会社名 株式会社 竹内商店
TAKEUCHI SHOUTEN CO., LTD.
設 立 昭和29年1月18日
代表者 代表取締役 竹内 信一
業務内容 1)(業務用)上白糖、グラニュー糖、三温糖、液糖、糖蜜、
赤糖、果糖、氷砂糖、氷糖蜜、水飴、黒蜜などの販売
2)商品企画・パッケージデザイン・包装材料の販売
3)オリジナル菓子の企画・販売
所在地 〒103-0016
東京都中央区日本橋小網町13番2号 オーチュー小網町ビル4階
電話番号 03-3666-7836(代)
FAX番号 03-3666-2593
Eメール info@takeuchi-shouten.co.jp
URL http://www.marukichi-sugar.com
小田原ファクトリー 〒250-0003
神奈川県小田原市東町3-6-5
主な仕入先 和田製糖株式会社、株式会社ワダ
フジ日本精糖株式会社、協立食品株式会社
藤田氷糖有限会社、有限会社平野商店、株式会社空知堂、
佐藤化成株式会社、はたの包装株式会社、株式会社邦友、
株式会社山愛、中日本氷糖株式会社、浜松氷糖株式会社、
株式会社ワークキャム
他(順不同)
取引銀行 みずほ銀行兜町支店
三菱東京UFJ銀行日本橋支店
所属組合 東京砂糖卸協同組合